【Google】search console(サーチコンソール)とは?

ブログ運営する上でsearch console(サーチコンソール)は良いという事を耳にした人は多いはず

Google search console(グーグル・サーチコンソール)とは何なのでしょうか?何が出来てなんのメリットがあるのでしょうか?

ひとつづつ解説します。

目次

search console(サーチコンソール)とは

左のフレームに下記の項目があります。ひとつずつ出来る事などを絵を使用して説明します。

  • サマリー
  • 検索パフォーマンス
  • URL検査
  • カバレッジ
  • サイトマップ
  • 削除
  • ページエクスペリエンス
  • ウェブに関する主な指標
  • モバイルユーザビリティ
  • パンくずリスト
  • サイトリンク検索ボックス
  • 手動による対策
  • セキュリティの問題
  • リンク
  • 設定
  • フィードバックを送信
  • Search Consoleの概要

サマリー

集約した情報を表示してくれます。

検索パフォーマンスは毎日のクリック数をグラフで表示できます。初めは0ばかりですが、継続していくと少しずつ上がっていきますよ。

カバレッジはエラーのあるページを教えてくれます。エラーがあればググったりして解決していきましょう。

エクスペリエンスではモバイルユーザビリティの状況を教えてくれます。iphoneやアンドロイド端末でサイトを見た時、ユーザビリティなど悪くないかを教えてくれます。

拡張ではパンくずリストの数やサイト内検索ボックスの数とエラー数を表示してくれます。エラーがあればぐぐって解決しましょう。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスでは下記の数字をグラフで確認可能です。

  • PV :表示された数
  • クリック数 :クリックされた数
  • 平均CTR :PVに対してのクリック数の割合
  • 平均掲載順位 :掲載された順位の平均

「クエリ」タブでは、検索されたキーワードを確認する事が可能です。キーワードで表示とクリックされた数を確認できます。

「ページ」タブでは、表示された回数の多いページのURLを表示してくれます。表示回数とクリック数も確認する事が可能です。

「国」タブでは、どの国からアクセスが来たかを確認できます。ほとんど日本ですね。そりゃそうですよね。。

「デバイス」タブでは、表示された端末の種類を表示してくれます。まだPCで閲覧される事が多いようです。

近未来では、もっとモバイルやタブレットが多くなりそうではあります。

URL検査

インデックスされているか確認できる、またはインデックスしてほしい時の依頼をすることが可能です。

記事を新規追加した場合や、リライトした場合にそのURLをインデックス登録をリクエストします。

同時にリクエストしたURLのエラーも表示してくれます。

カバレッジ

主にエラーをまとめて表示してくれます。その他の「除外」等は気にしなくて構いません。

このサイトでは「リダイレクトエラー」と「noindex」の2つのエラーが出てます。

リダイレクトエラーは下記の【search console】インデックス登録エラー(リダイレクト)原因と解決方法をご覧ください

「noindex」の解決方法は下記をご覧ください。

エラーがあれば、ググって解決していきましょう。

サイトマップ

サイトマップでは自分のサイトにどのような記事があるかを、Googleに教える為に使用します。

自身のサイトの「サイトマップ」のURLを貼り付けて、「送信」を押します。

複数の記事をリライトした場合も、サイトマップを送信してあげましょう。

削除

削除は自分のインデックスさせたくない記事を登録します。内容の薄い記事や、ブログのテーマに合わない記事などは登録しましょう。

ややこしい場合は記事を消すか、下書きに戻すでもOKです。

ページエクスペリエンス

ページエクスペリエンスは、十分なデータが収集されていない為、放置でOKです。

ウェブに関する主な指標

ウェブに関する主な指標では、モバイルとPCで見た時のページスピードを計る事が出来ます。リンクをクリックしてページ速度を計りましょう。

ページ速度が遅い場合は、改善しましょう。

ページ速度を改善する方法は、人それぞれ違っていて、プラグインやPHPが関わってきますので、知識がない方は無理にいじらない方が良いです。

最悪ページが表示されなくなったり、すべてのデザインが崩れる可能性があります。

初心者が簡単にページ速度を上げるには、レンタルサーバーを変更するか、Wordpressのテーマを変更するのが、一番簡単です。

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティは、モバイル端末で記事を見た時の、見にくい項目を教えてくれます。自分のサイトでは以前、下記が出ていますね。

  • テキストが小さすぎて読めません
  • クリック可能な要素同士が近すぎます
  • コンテンツの幅が画面の幅を超えています

改善してエラーを0に持っていきましょう。

パンくずリスト

パンくずリストは、パンくずがあるURLを教えてくれます。エラーの数も教えてくれます。

パンくずリストのエラーは滅多に出ません。有料のWordpressテーマを使用していれば問題ないでしょう。

サイトリンク検索ボックス

サイトリンク検索ボックスは、サイト内の検索窓の数を教えてくれます。ブログ内検索ボックスがあれば、ユーザーに優しいですね。

参考にしているサイトで「サイトマップ」や「パンくずリスト」から目的の記事を探すより、サイト内検索で検索した方が速いです。

なるべく見えやすい位置に、「サイト内検索ボックス」を配置したい所ですね。

手動による対策・セキュリティの問題

特に使用した事はありません。手動で出来る対策や、セキュリティに問題がある場合、表示してくれます。

特別に何かがない限り、使用しません。

リンク

握手している

リンクは自分のサイトに被リンクが貼られているか、確認できます。ドメインパワー対策できちんと被リンクがついているか確認できます。

リンクされていても、「nofollow」などにして設定されていると、被リンクされません。

nofollowはドメインパワーを外部に渡さない設定です。基本的に被リンク貼る場合は「dofollow」にしましょう。

相互被リンク貼りあったりする人もいますが、基本的にはやめましょう。

設定

設定では「Google search console」を始めた時の設定や、Wordpressのテーマを変更した時に設定する項目です。

特に変更や確認する項目はありません。

フィードバックを送信

フィードバックを送信では、google search consoleでの事で意見があれば、Googleに送信する事が出来ます。

追加してほしい機能や、使いずらい箇所をフィードバックすると、もしかすれば改善されるかも?

Search Consoleの概要

Search consoleの概要では、その名の通り、google search consoleの説明がされています。

特に細かく説明されている訳でもなく、あくまで概要です。

そっと閉じて大丈夫です。

search console(サーチコンソール)で良く使用する項目

search

URL検査

インデックス登録依頼できますので、記事を新規追加した場合やリライトした場合は、インデックス登録依頼します。

記事を書いたり、リライトする場合よく使用します。

インデックス登録のやり方については、「【search console】URL検査からインデックス登録する」の記事を参照してください。

カバレッジ

サイトエラーがたまに起こります。改善すべきエラーはスグに改善するべきです。

改善するべきエラーを放置すると、サイトの評価が落ちるとされています。

エラーがあるサイトだと読者も嫌ですよね。

エラーがないか定期的にチェックするので、よく使用します。

サイトマップ

記事のリライトを沢山する事があります。

有料の画像を入手し、沢山の記事で変更した場合

WordPressのテーマを変更して、吹き出しやボタン、リンクなどの装飾を複数の記事で変更した場合

何らかの理由で、複数の記事をリライトした場合。

値段を表示する時(税込み)の値段にしなければならなくなった、消費税率が変わった場合などもありますね。

時間が沢山あり、リライトを頑張った日。

色んな場合にサイトマップを送信するので、結構使用します。

search console(サーチコンソール)で出来る事

search

削除

一度インデックス登録された記事で、削除したい記事は「削除」から削除しておきます。

下記があるとサイトの評価が落ちる可能性があります。

  • アクセス数を集めていない記事
  • サイトテーマに合わない記事
  • 内容が薄い記事

サイトの評価を下げそうな記事は削除します。削除した後は「削除」から申請しておきましょう。

リンク

被リンク獲得ページを把握して、強化出来る。

どのようなページが被リンクを獲得出来ているか、またリンクの前後の文章を確認する事が可能です。

被リンクを集めている記事をリライトや、関連記事を書くことで、良いサイトを目指します。

フィードバックを送信

「google search console」を使用して、何か意見があればフィードバック可能です。

気づく点があればフィードバックして見ましょう!

筆者はフィードバックした事はありません。

search console(サーチコンソール)を使用するメリット

グラフが上がってきている

URL検査

検索される可能性が上がる。

記事を書き「URL検査」からインデックス登録依頼をすることで、早くインデックス登録される事が可能です。

早くインデックス登録された方がPVも獲得できます。

モバイルユーザビリティ

最近はモバイルでブログを読む人の方が増えてきています。

PCでブログ書くとおもいますので、モバイルでどのように表示されるか確認する事は、非常に大事になってきています。

自動でモバイルユーザビリティの悪い箇所を教えてくれるのは、結構ありがたいです。

モバイルでの表示を良くすることで、記事を読んでもらいやすくなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる