【search console】URL検査からインデックス登録する

ブログを運営していて大切な事は、データを解析してリライトしていく事。データの解析方法がわからない方のために無料のツール「Google search console」があります。

Google search consoleはデータ解析の他にも、様々な事が出来ます。

このツールを使用してインデックス登録する事も可能です。

目次

search consoleでインデックス登録する理由とは?

analystics
インデックス登録とは

グーグルのDBに登録する事。Webで検索されるには、グーグルのDBに登録される必要があります。

現在検索エンジンはほぼ、グーグルのエンジンを使用しています。

読者が検索ワードを入力して、その結果にマッチするサイトをDBからSEOの高い順に表示します。

DBに登録(インデックス登録)されてないサイトは、検索されても表示されません。

記事を書いて公開したら、まず最初にインデックス登録しなければなりません。

さっそくインデックス登録していきましょう

search consoleでインデックス登録する順序

analystics
STEP
記事を公開する

記事が書けたら公開します。ブログはリライトが大事、インデックスまでに時間がかかる、との理由である程度出来たら公開しましょう。

STEP
公開URLをテストする

エラーがないか、きちんと公開されているかチェックします。

STEP
インデックス登録をリクエストする

テストで問題なければ、登録依頼をしましょう!

search consoleでインデックス登録する

analystics

記事を公開する

まずは記事を公開しましょう。ある程度完成したら下記の理由で、公開してOKです。

  1. 後でリライトすれば良い
  2. インデックス登録に時間がかかる

URL検査をする

記事を公開出来たら、search consoleにログインします。左のメニューの「URL検査」をクリックします。

search console URL検査

虫眼鏡のマークの右に、登録したいページのURLを記入します。

search console URL検査窓

URL検査をする時の注意点

URLの最後にはきちんと「/」をつけましょう。

URLの最後に「/」をつけないと、インデックスエラーになる事があります。

search consoleでインデックスエラーが出たら、URLの最後に「/」をつけないでURL検査をした可能性があります。

「URLがGoogleに登録されていません」と出るはずです。これから登録するので「登録されていません」で正解ですね。

URLがGoogleに登録されていません

「公開URLをテスト」をクリックして、ページをテストしておきましょう。何らかのエラーがあれば修正しましょう。

公開URLをテストする

記事を更新していない場合は「URLはGoogleに登録できません」という表示と、「見つかりませんでした(404)」という理由が表示されます。

URLはGoogleに登録できません

インデックス登録をリクエストする

問題なければ「インデックス登録をリクエストする」をクリックしましょう。

インデックス登録をリクエストする

後はグーグルのDBに登録されるのを待つだけです。

記事数やサイトの評価によって、インデックス登録されるまでの時間が変わってきます。

登録したら気にせず、他の記事を書くか、SEO対策をしてインデックス登録を待ちましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる