【ブログ】URLの最後の「/」のありとなしの違いとは?

ブログのURLの最後に「/」がついているものと、ないものの違いをご存じでしょうか?

目次

URLの最後の「/」のありとなしの違いとは?

結論を先に言いますね。

結論:

「/」がついているものは、フォルダ(ディレクトリ)を意味する

「/」がついていないものは、ファイルを意味する

具体例を上げますね。

  1. https://example.com/test/
  2. https://example.com/test/index.html
  3. https://example.com/test
  1. はtestフォルダのindex.htmlファイル※1
  2. はtestフォルダのindex.htmlファイル
  3. はtestというファイル

①と②は同じ意味になります。

※1.HTMLの仕様上、明示がなければindex.htmlファイルを表示するとなっています。

ブログなどでURLの最後の「/」のあり・なしは区別しない

しかし、ブログなどでは①と③は同じページに飛びます。

  1. https://example.com/test/ ←これ
  2. https://example.com/test/index.html
  3. https://example.com/test ←これ

理由は仕様上、③は①のURLにリダイレクトされるからです。

URLを変換しているのですね。

URLの最後の「/」のありとなしの影響とは?

URLの最後の「/」のありとなしで、影響は特にないと思われます。

理由はダイレクトされるからです。最終的に「/ありのURL」で表示されます。

リダイレクトされる分、少し表示が遅くなるかもしれません。

URLの最後の「/」のありとなしでは、SEO的にはどうか?

SEO的にも特に問題する必要はないかと思います。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索で上位表示させる為の対策です。

グーグルのクローラーに良くないかもしれませんが、SEO的に悪いと聞いた事がありません。

URLの最後の「/」のありとなしの違いのまとめ

「/あり」はディレクトリ、「/なし」はファイル

ブログでは「/あり」と「/なし」は同じURLになる。理由はリダイレクトされるから

最終的に「/ありのURL」になるので特に問題はない(リダイレクトされる)

SEO的にあまり影響はないが、リダイレクトされる分、「/あり」に統一した方が良い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる