【確認事項】PIXTAで年間更新の場合の繰り越し上限数とは?

ブログやWebサイト作成には、画像や動画が必須になってきます。

ブログなどでは、SEOで上位表示される要因の一つとなっています。

クローラーが画像も判別できるようになっているので、記事に合った画像を貼る事は重要になってきています。

今回はその中でも日本人の写真を使用するなら、絶対PIXTAが良いです。

そのPIXTAの年次更新している方が、毎月翌月に何枚繰り越しできるかをまとめておきます。

目次

PIXTAで年間更新の場合の繰り越し上限数

ジャンプ

PIXTAで年間更新の人が、翌月に繰り越せるダウンロード数は下記です。

毎月のダウンロード枚数×11

つまり毎月全くダウンロードしなかった場合、1年未満では全て繰り越せます。

PIXTAで繰り越しする具体例

ジャンプ

毎月100枚ダウンロード契約の場合、まったく使用しなかった場合2か月目にダウンロードできる枚数は200枚(100枚+100枚)

2か月目も全く使用しなかった場合、3か月目に使用できる枚数は300枚(200枚+100枚)

このように増えていき1100枚まで繰り越せます。

11か月まったくダウンロードしなかった場合、12か月目には繰り越し分1100枚とその月の100枚で1200枚ダウンロードできます。

ワンコ

1年契約して11か月まったくダウンロードしない人なんて、いるのかな?

管理人

例え話だよ

1年を超えてしまった場合は

ジャンプ

1年を超えると繰り越しできない可能性あり

1年をまたいで継続する場合は、13か月目からは1200枚しかダウンロードできません。

毎月100枚契約であれば、最大1100枚までしか繰り越しする事が出来ないからです。

繰り越しした場合の消費枠

繰り越しした場合は、繰り越しした分から消費されていきます。

繰り越しする枚数が契約枚数×11の数を超えないようにしましょう。

PIXTAで年間更新の場合の繰り越し上限数とは?のまとめ

PIXTA

有料画像PIXTAで年次更新の人が、翌月に繰り越せる上限数とは、契約枚数×11

一年未満であれば、全くダウンロードしなくても全て繰り越せるから安心

1年以上だと繰り越しできない可能性(枚数×11を超える場合)もあるので注意

繰り越しした分から消費されるので、契約枚数×11を超えない可能性の方が高い

1年で全く使用しない場合も全て繰り越せる仕組みになっています。

ユーザーにとってはありがたく、安心できるシステムですね。余裕をもって画像選択できますね。

それでは今日も優秀な画像や動画をPIXTAで検索していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる