【SQL基礎】insertでDB(データベース)にデータを挿入する

MySQL文の4大命令文の中の1つ、「insert」について見ていきます。

データベースにデータを挿入する事が可能です。

insert構文の基礎を学んで、データベースにデータを挿入できるようになりましょう。

この記事を読んで、理解出来る事

MySQLでinsert構文を理解し、DB(データベース)に値を挿入できるようになる。

目次

insertでDB(データベース)にデータを挿入する

code

MySQLのinsert基礎構文

結論:DBに値を挿入する「insert」の構文は下記です。

insert into テーブル名 (カラム名,カラム名,カラム名,,,) value (値,値,値,,,);

データベース参照

今回下記のテーブルを作成したとします。

テーブル名:users

id name score
1user_147
2user_224
DBのusersテーブル

実際データベースに「insert」でデータを追記してみる

下記のデータをusersテーブルに追記してみましょう。

  • id = 3
  • name = user_3
  • score = 33

今回のinsert構文は下記になりました。

insert into users (id,name,score) value (3,'user_3',33);

データベースにクエリを送信してみましょう。

テーブルにユーザーが追加された

DBにデータが追加された事を確認できました。

省略系:「insert」でDB(データベース)にデータを挿入する

programing

テーブルのカラム数があっていれば、カラムは省略可能です。

insertの基本構文は下記でした。

insert into テーブル名 (カラム名,カラム名,カラム名,,,) value (値,値,値,,,);

テーブルは下記でした。

テーブル名:users

id name score
1user_147
2user_224
DBのusersテーブル

省略形insertの構文

カラムは3つになります。この場合カラムを省略すると、コードは下記になります。

insert into users value (値,値,値);

カラムを指定していた項目を省略しています。

値の数は、テーブルの値の数に合わせます。

実際に省略形insertでデータを挿入して見る

今度は先程のように、下記を追加して見ましょう。

  • id = 4
  • name = user_4
  • score = 44

実際のSQL文は下記になりました。

insert into users value (4,'user_4',44);

クエリを送信すると、

更にテーブルにユーザーが追加された

更にユーザーが追加された事を、確認出来ました。

「insert」でDB(データベース)にデータを挿入する!まとめ

insert構文でDBにデータを挿入できます。構文は下記です。

insert into テーブル名 (カラム名,カラム名,カラム名,,,) value (値,値,値,,,);

カラム数があっていれば、カラム名は省略可能です。構文は下記です。

insert into users value (値,値,値);

今回はMySQL4大命令文の内、挿入する「insert」について説明し、実際にDBにデータを挿入しました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる