Virtualboxでwindows Serverを使用する

windowsサーバを触りたい。検証したい。そう思っている人も少なくないと思います。そこでお勧めしたいのが、virtual boxで仮想環境を作り、そこにwindowsサーバを入れて触ってみる。というものです。

virtual boxは仮想環境内でネットワークを柔軟に構築でき、PCと仮想サーバを通信させたり、仮想OSどおしで通信させたり、いろいろできるのでお勧めです。

virtual boxのインストールの仕方は下からどうぞ

virtual boxインストール記事はこちら

それではやっていきましょう。

目次

Virtualboxでwindows Serverを使用する

サーバー
  1. まずwindwosサーバのOSの評価版ISOをダウンロードします。
  2. virtual boxで仮想領域を作成し、そのディスク領域にダウンロードしたISOファイルをセットします。
  3. 仮想領域を起動させるとwindowsサーバのインストール画面が表示されますので、サーバのインストールを進めていきます。
  4. インストールが終わればパスワードを設定して完了になります。

windowsサーバのOSのISOファイルダウンロード

それではwindowsサーバのOSのISOファイルダウンロードから進めていきましょう!今回はWindowsServer2016のISOファイルをダウンロードします。

下のリンクからページを開きます

WindowsServer2016 ISOファイルはこちら

ISOファイルをダウンロードします。記入欄に記入して「次へ」をクリック

「ダウンロード」をクリック。ダウンロードが完了するのを待ちます。

完了したらVirtual Boxを起動します。

Virtual Boxで仮想マシン作成

「新規作成」をクリック

「名前」に任意の名前と「マシンフォルダー」にフォルダパスを入力する

メモリーサイズを入力。1G以上推奨!まあ2Gにしました。

「仮想ハードディスクを作成する」にチェックをいれる

「作成」ボタンをクリック

  1. 「ファイルの場所」を任意の場所にする。私はそのままにしました。
  2. ハードディスクのファイルタイプの「VDI(VirtualBox Disk Image)」にチェックを入れる
  3. 物理ハードディスクにあるストレージの「可変サイズ」にチェックを入れる
  4. 「作成」をクリックする。

これで仮想サーバの箱ができました。「[光学ドライブ]空」をクリック。

「ディスクファイルの選択」をクリック。

先ほどダウンロードしたISOファイルを選択する。

「光学ドライブ」に先程選んだファイルが選択されていることを確認し、「起動」をクリックする。

立ち上がってくるのでデフォルトのまま「次へ」をクリック。

次の画面で「今すぐインストール」をクリック。

オペレーティングシステムを選択して、「次へ」をクリック。

私はWindows Server 2016 Standard Evalution(デスクトップ~)を選択しました。

「同意します」にチェックをいれて「次へ」をクリック。

「カスタム ~」の方をクリックする。

「ドライブ0の割り当てられていない領域」を選択し、「次へ」をクリック。

インストールが始まりますので、完了するまで少し待ちます。

完了したらAdministratorのパスワードを決定します。「パスワード」と「パスワードの確認入力」の欄にパスワードを入力し、完了をクリック。

立ち上がってくるので、「入力」→「キーボード」→「送信 Ctrl-Alt-Del」をクリック。

パスワード入力画面になりますので、先程入力したパスワードを入力して、Enterを押します。

ログインできましたので、Virtual BoxにWindowsServerインストールはこれで一旦は完了となります。ネットワークの設定が出ますが、とりあえずここでは「いいえ」をクリックしておきます。

これでWindowsServerを何個も立ち上げて色々検証していきたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

仮想マシンの設定記事

出来たら仮想マシンの設定記事から、実際サーバーを設定していきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる