DBを簡単作成出来るphpmyadminを使用してテーブル操作する

phpなどでDB(データベース)を扱う事が多いですが、DBはコマンドで操作する事が多いです。

しかし、コマンドを覚えるのも大変です。GUIで簡単に作成してサイトやサービス作成の時間に割きたいものです。

そこでGUIで簡単にDB作成や操作可能な、phpmyadminの使用方法を覚書します。

phpmyadminを使用する事で、簡単にデータベース作成が可能になり作業がはかどります。

目次

phpmyadminを使用してテーブル操作する

phpmyadminの起動とアクセス

今回はWebサーバーとDBが一緒に扱えるXAMPPを使用します。

XAMPPのインストール方法は下記の「XAMPPをインストールして自端末をサーバーにしてみよう」の記事を参考にしてください。

インストール出来たらXAMPPを起動して、WebサーバーとDBサーバーの「start」ボタンを押して起動します。

XAMPPでWebサーバーとDBサーバーを起動する画面

「Apache」と「MySQL」が緑背景になっていれば、起動している証拠です。

phpmyadminでデータベース作成

早速MySQLのDBサーバーにアクセスして見ましょう。インターネットエクスプローラーで「127.0.0.1/phpmyadmin」にアクセスしてみます。

phpmyadminでデーターベース作成

データベースを作成しましょう!左上の「データベース」をクリックします。

phpmyadminでデータベース名を決める画面

データベースの名前を決めましょう。今回は「mydatabase」にしました。入力して右の「作成」を押します。

データベース作成できているかの確認画面

左に今回作成した「mydatabase」が作成されました。

phpmyadminでテーブルを作成

続いて先に作成した「mydatabase」の中にテーブルを作成します。

左のメニューから、先に作成したデータベース「mydatabase」を選択して、「構造」タブからテーブル作成します。

今回は名前に「users」という名前を入力しました。カラム数は3にしました。

テーブル作成画面

右の方に「実行」ボタンがありますので、クリックしてテーブルを作成します。

テーブルのカラム作成画面

3つのカラムを作成します。上記の図のように値を入力します。

名前は好きな名前を入力します。

「データ型」は値の種類を選択します。数字であれば「INT」、文字列なら「VARCHAR」にします。

長さはデータの大きさの上限です。

入力できたら右の「保存する」を押して、テーブルを作成します。

テーブルのカラム作成確認の画面

左の「mydatabase」の中に「users」テーブルがあり、その中に「カラム」が3つ作成されています。

カラムを好きな箇所に追加する

テーブルとそれを構成するカラムが作成出来ましたので、好きな箇所にカラムを追記して見ます。

テーブルへカラム追加の画面

追加する個数を決めます。次にどのカラムの後ろに追加するか決めます。決まれば「実行」を押します。

テーブルにカラムを追加するステータス画面

名前を「room_number」、データ型に「INT」、長さを「10」にして、右の「保存する」をクリックします。

追加カラム確認メッセージ

 「正常に変更されました」のメッセージを確認して、「構造」タブをクリックします。

カラム追加確認画面

先程追加した「room_number」が追加されています。

phpmyadminでテーブルのカラムの値を追加する

カラムの作成が出来ましたので、値を入力していきましょう。

「挿入」タブをクリックして、入力欄を表示します。

カラムの値入力画面

値を入力します。良ければ「実行」をクリックします。

デフォルトで2行づつ追加できますが、増やす数を増やしたい場合は、左下の数字を変更してください。

カラムの値挿入確認メッセージ

「挿入しました」となっていれば成功です。

カラムの値確認画面

「表示」タブをクリックすると、先程入力した値が入っているのがわかります。

phpmyadminでテーブルのカラムの値を削除する

次は削除していきます。先程入力したカラムの値を全部削除します。

カラムの値を削除する画面

下記の工程をふむ

  1. 「users」テーブルを選択する
  2. 「SQL」タブをクリックする
  3. 「DELETE」ボタンをクリックする
  4. テーブル名「users」以降のSQL文を削除する

出来たら右に「実行」ボタンがあるので押します。

「実行しました」のメッセージが出たら成功です。「表示」タブをクリックします。

カラムの値を削除確認画面

カラムの値が無くなっている事が確認できます。

phpmyadminでテーブルのカラムを削除する

今度はカラム自体を削除します。「構造」タブをクリックします。

カラム削除画面

削除したいカラムの横の「削除」ボタンをクリックしたら、個別に削除できます。

複数削除したい場合は、複数にチェックをいれて、下の「削除」をクリックします。

一括削除したい場合は、「すべてチェックする」にチェックを入れて、右の「削除」ボタンをクリックします。

カラム全て削除でエラー

エラーがでました。すべての列は削除できません。とのメッセージです。

カラム全削除エラー画面

カラム全て削除 エラーの原因

すべてのカラムは一括で削除できない。

カラム全て削除するには

テーブル自体を削除する事で、カラムを全部削除できます。

phpmyadminでテーブルを削除する

ではテーブル自体を削除します。先程作成したデータベースを左のメニューから選択します。

テーブル削除画面

データベースの中にあるテーブルが表示されますので、削除をクリックします。

確認で「はい」をクリックするとテーブルが削除できました。

phpmyadminで簡単にデータベースを扱ってみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる