【php応用】パソコン1つでphp環境を作成する!DBやCSSまで連携

php開発環境を作成したい、という事で、パソコン1つで、ローカル環境にphp環境を構築しました。

データベース連携やCSS連携もしました。

テンプレートにもなるので、コードを残しておきます。

目次

パソコン1つでphp環境を作成する!DBやCSSまで連携

この環境を作成したら、これをベースとしてカスタマイズして、様々なサイトを作成する事が出来ます。

一通りの流れは下記になります。

STEP
仮想サーバー構築

XAMPPを使用して、自端末を仮想サーバー(Webサーバー)にします。

STEP
仮想データベース作成

同じくXAMPPを使用して、自端末をデーターベースサーバーにします。

DBはXAMPP標準の「phpmyadmin」を使用します。

ポート番号により、WebサーバーとDBサーバーの振り分け先を変えます。

STEP
トップページ作成

トップページを htmlで 簡単に作成してみます。

STEP
CSSと連携し、トップページ簡易カスタマイズ

cssファイルも作成し、連携しておきます。サイトの見た目を変更したい場合は、このファイルに書き込みます。

ここでは簡単に、トップページをカスタマイズします。

STEP
DBを作成

簡単なDBを作成します。GUIで確認しながら作成します。

STEP
データベースアクセス

phpでDBにアクセスできるようにします。PODを使用します。

STEP
DBにアクセスし、書き込みや読み込みをします。

作成したDBに書き込んだり、読み込んだりしてみます。

それでは1つ1つ順に解説します。

自端末に仮想サーバーを構築する

PC

まずは自端末に仮想サーバーを作成します。仮想サーバーを作成するやり方は沢山あります。

おすすめはDBで有名なOracle社の「virtualbox」です。

しかし、今回はシンプルにWebサーバーとDBサーバーを建てたい。サーバー自体はあまりいじらず、メインは「php」のスクリプトという事で、「XAMPP」を使用します。

XAMPPをダウンロード、インストールしていない方は、「XAMPPをインストールして自端末をサーバーにしてみよう」の記事からどうぞ

ダウンロード、インストール出来たらOKです。

ファイルを保存するパスは下記になります。ここにphpファイルを保存していきます。

C:\xampp\htdocs

バックアップしたい場合も、このフォルダ配下を他に保存せればOKです。

仮想データベースサーバーを作成する

PC

今回XAMPPを採用した理由は、DBも一緒に使用可能な為です。なるべく簡単に構築したいです。

一つのアプリで2サーバの役割を担ってくれるので、今回は適任です。

先程XAMPPをインストールしたので、ここでインストールは不要です。

DBのデータを保存するパスは下記です。DBのデータが保存されます。

C:\xampp\mysql

DBのバックアップをしたい場合は、このフォルダ配下を他へ保存すれば良いです。

仮想Webサーバーと仮想DBサーバー起動

では早速仮想Webサーバーと仮想DBサーバーを起動しましょう。XAMPPをダブルクリックして起動します。

「Apache」と「MySQL」の「Start」ボタンを押下しましょう。「Start」が「Stop」になりました。

「Apache」と「MySQL」 の文字が緑背景になれば、きちんと起動している証拠です。

終了したい場合は、「Stop」を押下すればOKです。

phpサイトのトップページ作成

構築

ではサイトのトップページを作成していきます。下記コードを作成して、「index.php」という名前でwebサーバーの保存場所に保存してください。

<html>
 <head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>phpテスト</title>
 </head>
 <body>
    <h1>phpテスト</h1>
    <h2>phpテストです</h2>
 </body>
</html> 

サーバーの保存場所は、デフォルトでは「 C:\xampp\htdocs 」でしたね。

え?phpなのにhtml?という声もあるかと思います。

phpファイルでもhtmlは使用可能です。バックエンドの処理はphpで処理するとして、サイトのコンテンツや見た目はhtmlとcssで良いと思います。

保存できたら、インターネットエクスプローラーを開いて、URLの欄に下記を入力して、アクセスして見ましょう。

http://127.0.0.1/index.php

ここでの127.0.0.1というのは、自分自身の端末のIPアドレスです。

上記のようにページが表示されていれば、成功です。

CSSと連携して、サイトの見た目をカスタマイズ

サイトの見た目をカスタマイズする為に、CSSの連携もしておきましょう。

Webサイトの保存場所に「css」のフォルダを作成し、そのフォルダに「test.css」というファイルを保存します。

ここからphpファイルとcssファイルを編集していきます。

スクリプトを早く書くためには

テキストエディタでも構いませんが、スクリプト開発環境に強いエディタは沢山あります。

スクリプトの補完機能などが便利なので、ここではMicrosoftの優秀エディタ「Visual Studio Code」を使用します。

自分の使いやすいエディタを使用するとしないとでは、完成するスピードが鈍行と新幹線くらい違います。

是非、自分にあったエディタを使用してください。

CSSファイルを編集して、見た目をカスタマイズ

では先程作成した「test.css」ファイルと「index.php」ファイルを、エディタで開いて編集します。

<html>
 <head>
  <meta charset="UTF-8">
  <link rel="stylesheet" href="css/test.css" type="text/css">
  <title>phpテスト</title>
 </head>
 <body>
    <h1>phpテスト</h1>
    <h2>phpテストです</h2>
 </body>
</html> 

index.phpファイルは、アンダーラインの箇所を追記し、CSSを読み込みましょう。

test.cssファイルで、簡単に見出しの色を変えてみましょう。

2つのファイルを保存できたら、またインターネットエクスプローラーで「 http://127.0.0.1/index.php」を見てみましょう。

文字の色が変化していれば、CSSとの連携が成功しています。

データベースを作成する

DB

ここまではhtmlとcssの世界線。ここからがphpの醍醐味、データベースとの連携です。

データベースを作成する概要

流れは下記の4ステップになります。

STEP
データベースを作成する

データベースを作成しましょう。このサイトで使用するデータベースになります。ここでは1つだけ作成します。

STEP
テーブルを作成する

データベースの中に、テーブルを作成します。DBの中に複数のテーブルを作成してもOK。ここではユーザー用のテーブルを作成してみます。

STEP
テーブルのカラムを決める

ユーザーテーブルのカラムを決めます。最初のカラムは「id」にしましょう。理由は管理の為にidをつけておくと、後々便利だからです。

後は「name」と「score」を作成しましょう。

STEP
カラムの値を入力する

それぞれのカラムに値を入力します。

1.データベースを作成する

まずはデータベースを作成します。XAMPPで簡単に作成できます。

今度はインターネットエクスプローラーで「http://127.0.0.1/phpmyadmin」にアクセスして見ましょう。

GUIで直観的にDB作成出来る「phpmyadmin」にアクセスできます。

まずは「データベース」をクリックして、データベースを作成してみましょう。

phpmyadminにアクセスできない場合は、XAMPPの「Apache」と「MySQL」 が緑背景になって起動している事を確認してください。

好きなデータベース名をつけて(ここではmydateabaseとつけました)作成ボタンをクリックします。

左のメニューに先程作成したデータベース「mydateabase」が表示されています。

2.テーブルを作成する

続いてテーブルを作成します。

好きな名前を付けて(ここではusersとしました)カラム数(ここでは3にしました)を決めて、「実行ボタン」を押します。

「実行ボタン」は右の端っこにいます。かくれんぼしてるかのように、わかりにくいので気を付けて下さい。

データベースの中に一つ、テーブルが作成されました。

3-1.カラムを決める

カラムを3にしていたので、3行作成されています。色々なパラメータを作成できますが、ここでは下記だけ作成します。

  1. 名前に「id」データ型に「INT」長さ/値に「2」
  2. 名前に「name」データ型に「VARCHAR」長さ/値に「10」
  3. 名前に「score」データ型に「INT」長さ/値に「10」

右の方に「保存する」ボタンがありますので、クリックして保存します。

「データ型」はデータの種類を決めます。数字を入れるなら「INT」、文字列をいれるなら「VARCHAR」にしましょう。

ここの「長さ/値 」はいれものの大きさ、小さすぎると入らないし、大きすぎると容量を圧迫する

3-2.カラムを編集したい場合

カラムを編集したい場合もわかりずらく、イライラするので覚書しておきます。

カラムの左の「チェックボックス」にチェックを入れて、「変更」をクリックすれば、先程の入力画面で編集可能です。

これでデータベース「mydatabase」の中にテーブル「users」が作成できました。

テーブル「users」 の中身は 「id」「name」 「score」 の3つのカラムで出来ています。

4.カラムの値を入力する

カラムは見出しのようなもの。値を入力して挿入します。流れは下記です。

  1. 左のメニューで、先程作成した「users」テーブルを選択します
  2. 上の「挿入」タブを選択します
  3. 右の「値」を埋めていきます
  4. 下の「実行」をクリックして、入力します

デフォルトでは2行づつ挿入になっています。増やしたければ、一番下の数字を変更します。

では実際に入力して、挿入して見ます。

ここでは2行挿入します。ユーザー2人分です。下記を入力します。

カラム
id 1
name user_1
score 47
カラム
id 2
name user_2
score 24

実行を押すと挿入されます。mysqlのコマンドが表示されます。

上の「表示」タブをクリックしてみましょう。

先程入力した値が、入っているのが確認できます。

以上でデータベースを作成するの項目は完了です。

phpでデータベースにアクセス出来るようにする

アクセス

では作成したデータベースにアクセスできるようにしていきます。

どこからでも参照できるメソッド記入ファイルを別に作成する

データベースにアクセスするプロセスは、別ファイル「function.php」というファイルを作成します。

データベースにアクセスするのはトップページだけではなく、他のページでも使用する為、一つのファイルを参照する形にした方が、効率が良さそうだからです。

DBにアクセスするファイル全部に記述するのは、いただけません。

index.phpと同じフォルダに 「function.php」ファイルを作成します。

index.phpと同じフォルダ とは「C:\xampp\htdocs」でしたね。

「function.php」 に下記コードを記述して保存してください。

<?php
class class_1 {
    public function get_db_Connect(){
        try{
                $DB_DATABASE = 'mydatabase';
                $DB_USERNAME = 'root';
                $DB_PASSWORD = '';
                $DB_OPTION = 'charset=utf8';
                $PDO_DSN = "mysql:host=localhost;dbname=" . $DB_DATABASE . ";" . $DB_OPTION;
                $db = new PDO($PDO_DSN, $DB_USERNAME, $DB_PASSWORD,
                [   PDO::ATTR_ERRMODE => PDO::ERRMODE_EXCEPTION,
                    PDO::ATTR_DEFAULT_FETCH_MODE => PDO::FETCH_ASSOC
                ]);
                echo 'DB接続成功';
                return $db;
            } catch(PDOException $e){
                echo 'DB接続失敗'. $e->getMessage();
                exit();
            };
    }
}
?>

データベースにアクセスするphpスクリプトになります。

メソッドファイルの説明

class_1というクラスを定義して、その中にget_db_Connect()というDBにアクセスするメソッドを作成しています。

publicはどこからでも参照できるようにする為に、使用しています。

try-catch構文は例外がある場合の記述のやり方です。DBに接続失敗した場合の処理をcatch以降に書いています。

tryの後にはDBに接続する構文になります。

try-catchの例外処理、その下のDB接続の構文については下記の「DBにアクセスする時の構文を理解する!例外処理あり」の記事を参照してください。

ページから別のメソッドファイルを呼び出す

次にindex.phpで「function.php」のDBにアクセスするメソッドを呼び出します。

index.phpを編集して、下記のようにしてください。

<?php
require 'function.php';
$function = new \class_1();
$db = $function->get_db_Connect();
?>
<html>
 <head>
  <meta charset="UTF-8">
  <link rel="stylesheet" href="css/test.css" type="text/css">
  <title>phpテスト</title>
 </head>
 <body>
    <h1>phpテスト</h1>
    <h2>phpテストです</h2>
 </body>
</html> 

phpの箇所を追記してください。これで「function.php」のget_db_Connectメソッドを呼び出しています。

DB接続テスト(エラーなければOKです)

インターネットエクスプローラーで、「http://127.0.0.1/index.php」を再読み込みしてください。

特に何も変化はないです。DBにアクセスしているだけだからです。

エラーがなければこれで環境は整いました。

データベースの値を読み込んでみる

DBから値を取得して見ます。

DBの内容のご確認

DBの中に「users」テーブルを作成しています。詳細は下記にしました。

id name score
1user_147
2user_224
DBのusersテーブル

nameがuser_1のscoreを取得して見ようと思います。

DBの値を取得するメソッド追記

function.phpのファイルに追記して、下記のようにDBから取得するメソッドを作成してみましょう。

<?php
class class_1 {
    public function get_db_Connect(){
        try{
                $DB_DATABASE = 'mydatabase';
                $DB_USERNAME = 'root';
                $DB_PASSWORD = '';
                $DB_OPTION = 'charset=utf8';
                $PDO_DSN = "mysql:host=localhost;dbname=" . $DB_DATABASE . ";" . $DB_OPTION; #DSN データソースネームmysqlの場合
                $db = new PDO($PDO_DSN, $DB_USERNAME, $DB_PASSWORD, #接続するにはまずインスタンスを作成
                [   PDO::ATTR_ERRMODE => PDO::ERRMODE_EXCEPTION,
                    PDO::ATTR_DEFAULT_FETCH_MODE => PDO::FETCH_ASSOC
                ]);
                echo 'DB接続成功';
                return $db;
            } catch(PDOException $e){
                echo 'DB接続失敗'. $e->getMessage();
                exit();
            };
    }
    public function get_name($db){
        $stmt = $db->prepare("select score from users where name=?");
        $stmt->bindValue(1,'user_1',PDO::PARAM_STR);
        $stmt->execute();
        $username = $stmt->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);
        return $username;
    }
}
?>

class_1にget_name($db)メソッドを作成しています。

prepareやbindValueなどを使用して、SQL構文を指定しています。

prepareやbindValueの詳しい内容は、下記の「PDOのprepareとqueryでSQL文を変数に格納する」記事を参照下さい。

これでnameがuser_1のscoreを取得するSQLが変数$stmtに格納できました。

これを$stmt->execute();で実行しています。

実行した結果を$username = $stmt->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);で変数$usernameに格納しています。

fetchやfetchAllの詳しい説明は、下記の「PDOのfetchやfetchAllで値を抽出する」の記事を参照してください。

return $username;で変数$usernameを index.php に返しています。

DBの値を取得するメソッドを試します

ではindex.phpで$usernameを使用して、スコアの値を表示して見ます。

<?php
require 'function.php';
$function = new \class_1();
$db = $function->get_db_Connect();
$username = $function->get_name($db);
?>
<html>
 <head>
  <meta charset="UTF-8">
  <link rel="stylesheet" href="css/test.css" type="text/css">
  <title>phpテスト</title>
 </head>
 <body>
    <h1>phpテスト</h1>
    <h2>phpテストです</h2>
    <?php
    print_r($username);
    ?>
 </body>
</html> 

$username = $function->get_name($db);で先程作成したget_name()メソッドを呼び出しています。

本文に<?php print_r($username); ?>を入力して、ページにアクセスして見ましょう。

配列で取得できていますね。fetchAllで取得しているので2次元配列になっていますね。

取得したい対象が1つの場合はfetchAllではなく、fetchでも良いですね。

<?php print_r($username); ?>を <? echo $username[0][“score”]; ?> に変更して配列から値を取り出します。

ページにアクセスすると、下記のようになりました。

user_1のscoreの結果

user_1のscoreの値「47」が取得できています。

パソコン1つでphp環境を作成する!DBやCSSまで連携のまとめ

PC環境

以上がphpでDBとCSSと連携の基礎でした。

XAMPPで自端末をWebサーバーとDBサーバーにすると、ローカル環境だけでphp検証環境を構築できる。

下記ファイルを元に編集追加して、様々なサイトを構築していこうと思います。

  • index.phpファイル
  • cssファイル
  • function.phpファイル

これらの最終的なコードを書いておきます。

<?php
//display_errorsをONに設定
ini_set('display_errors', 1);
require 'function.php';
$function = new \class_1();
$db = $function->get_db_Connect();
$username = $function->get_name($db);
?>
<html>
 <head>
  <meta charset="UTF-8">
  <link rel="stylesheet" href="css/test.css" type="text/css">
  <title>phpテスト</title>
 </head>
 <body>
    <h1>phpテスト</h1>
    <h2>phpテストです</h2>
    <?php
    echo $username[0]["score"];
    ?>
 </body>
</html>

長くなりましたが、以上となります。php環境構築もローカルのパソコン1台で可能でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる