【php基礎】try~catchで例外処理をする!出来る事一覧

phpで例外処理を行いたい場合の基礎構文がパッと出てこない。PHPで出来る例外処理を忘れてしまった。

そういった方の悩みを解決します。

この記事を読んでわかる事

phpで例外処理のコードの書き方がわかる。他に出来る事がわかる。

なぜtry-catchを使用するのか

通常の処理でエラーが発生した場合でも、プログラムを継続させる為。

実際のコードや処理した結果を、画像を交えて解説するので、わかりやすくなっています。

目次

phpでtry~catchの例外処理をする

スクリプト

PHPでtry-catchを使用する時の基礎構文

PHPでtry-catch構文の基礎は下記です。

try{
 //通常の処理
 throw new Exception();
}catch(Exception $e){
 //例外の処理
}

PHPのtry-catchコードのご説明

tryの中に通常の処理コードを書いて、例外がある場合は「throw new Exception();」を記入します。

「throw new Exception();」 の箇所でcatchまで飛びます。

DBに接続する場合PDOを使用します。その時の例外処理は少し違います。

DBにアクセスする時の例外処理を書く場合は、下記記事の「例外処理」項目をご覧ください。

例外の場合のメッセージを自作する

スクリプト

PHPのtry-catchで例外文を自分で作成したい場合

例外が出た場合、自分でメッセージを投げ、表示させたい場合のコードは下記です。

 try{
     //通常の処理
     throw new Exception('例外のメッセージ');
    }catch(Exception $e){
        echo '<h1>' . $e->getMessage() . '</h1>';
    }

PHPのtry-catchの例外文のご説明

「throw new Exception();」 の()の中に、表示させたい文字列を記入します。

catchで「$e->getMessage()」と記入する事で、メッセージを表示する事が可能です。

ここでは、「例外のメッセージ」という文字が表示されれば成功です。

PHPのtry-catchの例外文での注意点

表示させるので、「echo」を忘れずに記入してください。

例外文テストコード実行の結果

プログラム実行の結果

自作したメッセージを表示する事が出来ました。

【php基礎】try~catchで例外処理をするのまとめ

スクリプト

例外処理する基礎構文はthrow、try-catchで行う。

自分の表示させたいメッセージがある場合は、throwで決めて投げる事が出来る。

throwで投げたメッセージをcatchで受け取るには、 「$e->getMessage()」 が必要

表示するには「echo $e->getMessage() 」とすればよい

今回は以上となります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる