【2022年】データをバックアップ!ハードディスクおすすめをご紹介

今はPCのデータやTVの録画などでハードディスクは必須のものとなっています。

PCに何かあった場合などの為に、大容量かつ高速のハードディスクを購入して、バックアップする事は大切です。

大容量で高速なハードディスクなんて高そうで手が出ない、そんなに要らないと思っている方もいらっしゃるようです。現在では該当のハードディスクが手に届く値段になってきています。

これを機に、ハードディスクにバックアップなどをとったり、PCやiphoneなどのデータは別で保存する為のハードディスクを購入するのも良いかもしれません。

そこで今回はお勧めのハードディスクをご紹介しようと思います。

目次

ハードディスクおすすめをご紹介

ハードディスク
An image of an external hard drive isolated

ハードディスクを選ぶにあたって、用途で選んだり、スペック(速度、データ量)、静か、耐久性など考慮すると思います。

該当の要素を元にハードディスクのおすすめを調べました。

ハードディスクの選ぶ基準

ハードディスク
Hard Disk Drive (HDD) on the wooden background, 3D rendering

PCデータの保存

PCのデータを保存したい。内臓ハードディスクとは別で保存したい人はほとんどだと思います。PCを買い替えても接続するだけでデータを見れるのは楽ですからね。

文章や画像などであれば、スピードも容量もそんなに必要ないかもしれません。値段や静かさなどで選べば良いと思います。

PCのバックアップ

PCのバックアップをするのであれば、多少容量が必要かもしれません。またバックアップやリストアをする時にスピードが速い方が良いので、ある程度の容量と速さを兼ね備えたものの方が良いでしょう。

実際には2~3TBくらいで、転送速度が速い USB3.1(Gen1) /USB3.2(Gen1)などがあれば良いですね。

リストアとは、バックアップしたものから復旧させる事です。

TVや動画の保存

PCのバックアップと同じで多少の容量とスピードが必要でしょう。動画であれば多くの容量を消費します。最近の4Kなどは尚更です。

こちらも4TB以上の容量と USB3.1(Gen1) /USB3.2(Gen1) あたりがあれば良いですね。

ゲーム用のハードディスク

ゲームも容量はある程度欲しいですね。ダウンロード時の書き込みは速い方が良いので、転送速度重視が良いと思います。

沢山のゲームをダウンロードする場合は、更に容量も必要になってきます。

ハードディスクの種類

ハードディスク

内臓ディスク

パソコンの内部に取り付けてしまうタイプのハードディスクです。手間がかかりますが、値段が安く場所も取りません。電源ケーブルも不要です。

外付けハードディスク

USBなどでPCなどと接続できます。据え置きなので場所も取ります。電源ケーブルも別途必要なので配線なども気にしなくてはいけません。

しかし、接続インターフェースがあればどの機器にも接続し、流用する事が可能です。PCが故障して買い替えた場合でも、接続するだけで、使用可能です。

ポータブル

持ち運び便利なポータブルタイプ。USBから電源供給も可能なので、電源ケーブルも不要です。手軽さが売りでどこにでも持ち運び安く、カフェにPCと該当機器をもっていって作業なども可能

しかし落とす可能性や無くしたりする可能性は高くなります。大事なデータなどは暗号化や落としても大丈夫なように耐久性も重視する必要があります。

ハードディスクを暗号化する機能が付いたものなどもあります。

ハードディスクはどれが良いの?

ハードディスク

パソコン用におすすめな外付けハードディスク

バッファローAmazon限定

バッファローのHDDです。昔は故障など多かったようですが、今では安定しています。

サイズは通常よりコンパクト(114×33×171mm)で場所をとりません。ファンレスなので音も静かです。重量は900gと一般的です。1年保証がついているので安心です。

接続インターフェースはUSBタイプAのUSB3.1(GEN1)/USB3.0/USB2.0です。

値段も4Tではお買い得な方なのでお勧めです。

I・Oデータ外付けハードディスク

ファンレスなので音が静かなのが特徴です。リビングでも寝室でもうるさくないので、安心です。コンパクトで重量も800gと軽め。デザインも少し変わっていてカッコいいです。

接続インターフェースはUSB3.1です。値段的にも良いです。

ウエスタンデジタル外付けハードディスク

WindowsとMacで使用可能ですが、MACで使用する場合は再フォーマットが必要なのが注意点です。

大容量のものは熱が帯びたりするらしいですが、4Tのものは安定しています。6T以上だと少し不安が残りますが、しかし2年保証が付いており、安心して使用する事が可能です。

接続インターフェースはUSB3.0です。重量は950gと普通です。

パソコン用におすすめなポータブルハードディスク

東芝ポータブルハードディスク

コンパクトで持ち出しやすいポータブルハードディスクです。国内産の東芝のドライブなので安定感があります。

サイズは10.9 x 7.8 x 1.95 cmで重量は260gになり、コンパクトでかなり良いです。

接続インターフェースはUSB3.2(Gen1)/3.1(Gen1)/3.0/2.0のタイプAです。高速なのが特徴です。

騒音もほとんどなく、静かなのも印象的です。保証は1年ですが、手厚い保証が特徴になります。

バッファローポータブルハードディスク

持ち運びに特化したコンパクトでシンプルなデザインのバッファローポータブルハードディスクです。

接続インターフェースはUSB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0のタイプAになります。

サイズは7.6×1.95×11.5cmとコンパクト、重量は225gで小さくて可愛い。

保証は1年ついております。デスクをシンプルに省スペースでデザインしたい方にはピッタリの一品です。

TV録画用・ ゲーム用(PS4/PS5など)

ハードディスク
Hard disks type ssd and stethoscope. 3d rendering.

I・Oデータ外付けハードディスク

4Kの録画に対応、ほぼすべてのメーカのTVに対応。詳しくはHPで確認する方が確実です。

サイズは‎17.2 x 3.4 x 11.5 cmで重量は1200gと少し重め。音も少し大きめという事で、寝室などに置く場合はスルー。

メリットとして、コストパフォーマンスが良い事と土日サポートが付いているので、安く安心して使用したい方にお勧め。

重さと静かさを重視しないのであれば、良い一品です。

東芝外付けハードディスク

ほぼすべてのTVメーカ動作確認済み。故障を検知する機能が付いており、ランプ一目でわかるのが便利です。

壊れて復元するのにはかなりの金額になるので、故障予兆があるのは有難いです。通常「緑」点灯、故障予測検知時「オレンジ」点灯、ハードディスク異常時「緑とオレンジ交互」点灯

サイズは17.1 x 11.4 x 3.3 cmで重量900gになります。

PCに接続する場合はUSB3.2(Gen1)/3.1(Gen1)/3.0/2.0のタイプAで接続可能です。

1年保証が付いております。

Seagate外付けハードディスク

対応するTVメーカはHPで確認する必要あり。PS5/PS4は動作確認済みの商品です。

PSは外部ストレージとして認証しないと認識しないので注意が必要です。

保証が3年あり末永いサポートを受ける事が可能です。PCのデータであれば3年の内1回復旧が無料との事。珍しいサポートが付いているのが特徴。3年で壊れるか不明ですが、データ復旧はコストがかなりかかるので、ありがたいサポートです。

サイズは横幅3.66cm, 高さ12.6cm, 奥行17.6cm重量は950g、特にうるさくもありません。

バッファローハードディスク

ほとんどのTVメーカで動作確認済み。

接続インターフェースはUSB3.2(Gen.1)対応で高速転送が可能です。

サイズは114×33×171mmで重量は900g

質感が高級でインテリアにも良し。ブラックとホワイトから選べます。6T以上はブラックのみ。

ゲーム用(PS4/PS5など)にお勧めポータブルハードディスク

Seagateゲーミングポータブルハードディスク

シンプルなデザインのポータブルハードディスク。PSで動作確認済み。外付けは外部電源が不要なので更に便利です。

サイズは11.35cm, 幅7.6cm, 奥行2.07cm重量は225gとコンパクト

保存したゲームデータを、どこにでも持ち込めるポータブルハードディスク

保証は安心の3年保証、休日はサポートなのは痛手ですが、平日9:00から18:00までサポート

【2022年】ハードディスクおすすめをご紹介まとめ

ハードディスク

ハードディスクはPCでもTVでもゲームでも必須のアイテムとなってきて、各種メーカが良いものを出し合ってるので、値段はそんなに差がないですね。

データ復旧はコストがかなりかかるので、ハードディスクで良いものを見つけましょう。

そしてPCやTVやゲームのデータのバックアップを取っておきましょう!

筆者も大切なPCのデータ復旧で、10万くらいの消費をした苦い記憶があります。

同じ事にならないようにバックアップは必須ですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる