無料の有能エディタ!Visual Studio Codeをインストールする手順

スクリプト作成する時にエディタで補完機能があれば楽ですよね。

スペル間違いがなくなるし、どんなプロパティがあるか思い出せたりもします。

またエディタでスクリプトを実行でき、エラーまで教えてくれたら楽ですね。

そこで私が使用しているエディタを紹介します。上記の機能をすべて備えてあるのはもちろん無料です。是非エディタで迷われている方は使用してみてください。

その名もVisual Studio Codeです。Microsoftが無料で提供している有能なエディタですね。

目次

Visual Studio Codeをインストールする

では早速ダウンロードからインストールまで順を追ってみていきたいと思います。下記リンクからダウンロードページへ移動してください。

Microsoft Visual Studio Codoのダウンロードはこちらから

「今すぐダウンロード」をクリックします。

自分の環境にあったものを選んでください。私の場合はWindowsのUser Installerの「64 bit」をクリックしました。

ダウンロードが始まりますので完了まで待ちます。

完了したら「ファイルを開く」をクリックしました。

補足:ブラウザはchromeを使用していますが、ダウンロード完了すると「ファイルを開く」って出てくれるのですね。他の環境や「ファイルを開く」が出ない方は、ダウンロードしたフォルダまで行き、ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。

セットアップが開きますので「同意する(A)」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

インストールするフォルダを選択して「次へ」をクリックします。私はそのまま「次へ」をクリックしました。

そのまま「次へ」をクリックします。

  • 【任意】デスクトップ上にアイコンを作成する(ショートカットをデスクトップに表示したい場合)
  • 【任意】エクスプローラのファイルコンテキストメニュ―に[Codeで開く]アクションを追加する(スクリプトファイルからVisual Studio Code開けるので便利)
  • 【任意】エクスプローラのディレクトリコンテキストメニューに[Codeで開く]アクションを追加する(スクリプトが入っているフォルダからVisual Studio Code開けるので便利)
  • PATHへの追加(再起動後に使用可能)

上記にチェックを入れて「次へをクリック」

インストール情報を確認して、良ければ「インストール(I)」をクリックします。

インストールされるのを待ちます。

完了したら「完了」をクリックします。

Visual Studio Codeのダウンロードとインストールは以上となります。

——————————関連記事——————————

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる