pythonでexcelを操作する方法【基礎:最初に覚える事】

pythonで何でもできる時代になってきています。よく仕事でも操作するエクセルもpythonで操作して仕事の効率を一気に上げていきましょう。

pythonでエクセルを操作する為の基礎を覚書しておきます。

目次

pythonでexcelを操作する方法

#openpyxlをインポートして「px」に格納します。

import openpyxl as px

#読み込むエクセルファイルパス指定して「wb」に格納します。

wb = px.load_workbook(r'D:\DATA\python\test.xlsx')

シートを操作対象(アクティブ)にする方法

#シートの名前のシートをアクティブにして、変数「ws」に格納します。

wb.active = wb.sheetnames.index(シート名)
 ws = wb.active

シートの名前を取得する方法

#シートの名前を読み込み、配列「sheets」に格納します。

sheets = wb.sheetnames

#2番目のシートの名前を変数「sheet2_name」に格納します。※0から始まるので2番目であれば「1」を指定する。

sheet2_name = sheets[1]

セルを操作する

#セルの値を取得して変数「cell_value」に格納します。

cell_value = ws.cell(1,1).value

今回は以上となります。シートの選択やセルの値の取得さえ覚えていれば、後は関数などを使用して業務効率化できると思います。

VBAなどもいいかもしれませんが、色々なVBAを使用しているエクセルファイルを開いていると予期せぬエラーが出たりとデメリットが多いので是非pythonでexcel操作できる様にしておきましょう。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる